以前の記事
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
more...
カテゴリ
 
検索
はいはい1敗1敗
日曜:カルトウイークリー 7人
1戦目 月日星カレイド(たま) ○
相手凛、小夜里と出すも、カレイドにならず(出さず?)。
エポナで牽制しながら不幸で元子前をこじ開けて、ゲンジマル、凛などと押し込んでいく。
ようやく出たカレイドを、一度エヴァングルガで一方的を取り、2度目は相打ちに。
最後由衣パンチから穴あけて凛サイドステップで詰め。
やっと勝ったヽ(´ー`)ノ

2戦目 花日アストラルバスター ○
先攻レイチェルエンドしたら、前にささら置かれて凹むw
とりあえず看板用に横に久那妓置いてエンド。
次のターン久那妓殴って2コスト何か出してエンドって言ったのだが、正直ハンドにおかわりあったので、レイチェル特攻だった。
おかげで、以降ほとんど看板できなかったorz
相手最後のほうになってやっと3体合体するも、ミラー以外の全属性キャラに負けるわけもなくw

3戦目 月単(ノブ=阿照流為) ×
相手先攻朝狗羅由真スタートでもうだめだー。
シエルとかのアタック止まらず、あげく由真と何かで久那妓を逃避行される。
先生ー、先攻由真からの逃避行はマジせこいと思いますまる
む ー り ー ぽ ー

たまリムーブしたから3位だそうで。

なんか、コミケ帰りの総帥がLAE持ってくるとかいうので、夷月宅襲撃に参加。
パック剥いて眺めてましたw


月曜:まほう屋公認 13人?
1戦目 日月ハンデス ○
先攻レイチェルエンド。
相手2.0スィール、ルヴィアゼリッタ。
紫苑出して、不幸あったので看板娘できると信じ、スィールハンデスを甘んじて受ける気でエンド。
相手スィール起動から梓エンド。
紫苑殴って不幸を梓に撃ち込み、看板娘って言ったら対応スィールで読書。
この時点で半分勝った気になり、ハンド5なのでそのままエンドし、返し凛出して殴りあう。
相も変わらず看板看板言いながら、出てきた美月もさっさと落として、そのうちゲンジマル追加して押し切り。
凛とルヴィアゼリッタの殴りあいワロスwとかニヤニヤしてました

2戦目 花宙カミーラ(ガル氏) ○
後攻夏休みあるも、取り合い恐怖症で出さず。
適当に凛やベナウィで殴りながら、瑠璃をビームで落とし、陽子に悲しい夢を合わせる。
つ「散歩」
だからそれがしんどいんだって・・・
強引に3点6点ねじ込まれて瀕死になるも、相手カミーラ出てこなかったこともあり、不幸で穴あけて一生懸命をさっさとベナウィ下で必死に撃たせて勝ち。
やっと勝った・゜・(つД`)・゜・
ホント人間相性悪いと思う・・・
今回も結局花ビーム1発と不幸1発しか撃ってないし(不幸2発目は撃ったけど撃たなくてもよかったし)。
なんつーデスカットだ('A`)

3戦目 花宙黒桜(karma氏) ×
相手先攻1にグラドリエンド、こちら1に久那妓エンド。
相手2に虚数から6点、グラドリ前にグラドリ合わせたら、るー押し付けられて水上歩行とか言い出す('A`)
どうにもならんのでベリエライで滑ってパンチ。
3に元子出てきたので、久那妓アダルト化して下がり、そろそろ墓地に凛落ちるだろって1に由衣。
ああ、確かに落ちたさ、メインドローでも引いたけどな('A`)
不幸2枚が邪魔すぎて、ハンドから凛出してたら弓貼れなかったので、思いの代償から凛召還(おかげで弓1枚がコストへ)、弓でグラドリ沈める。
那須生えるも即不幸で落として、以降可能な限り殴られないようにするも、お昼寝から詰められて死亡。
序盤の打点が痛すぎた・・・

4戦目 宙花黒桜凛ビーム(TEON氏) ○
相手先攻取り合い切って凛エンドとかアピールプレイ。
夏休みあるも出せるはずがなく、紫苑出して不幸も撃てずエンド。
虚数出てくるも、返しで夏休みプレイ→取り合い撃たせる→対応紫苑不幸、とかで悩んだ挙句6点スルー。
すると、トップデッキがエポナ。
うはktkrって喜んで、エポナ後に夏休み。
スルーされ、紫苑不幸時に取り合い。
どうせ撃つなら夏休み時に撃つべきではw
虚数横にななこが出てきて4点4点言われるも、凛と何かで6点殴ってるのでおk。
元子引いてて、虚数正面に合わせたかったのに宙コスト引かず凹み続けるが、なんだかんだで不幸4発全弾撃ち込んだりでごめんなさい。
凛が3人㌧でいったw
ちなみに、不幸握られてたら負けって言うなら、羽ピンあわせるの元子じゃなくて凛だと思ふ。

多分3位。


勝ちきれん・・・orz
[PR]
by Masaki-dame | 2006-08-15 04:43 | Lycee
<< 調子にのるといかんね・・・ ランキング >>
トップ

DAME人間同盟所属、MasakiのGW(ガンダムウォー)戦記ほか。最近はもっぱらLycee
by Masaki-dame

[PR] ブログ